小5娘が日能研に通塾中だけど中学受験する意味があるのかわからなくなってきた

中学受験・中高一貫

ご覧くださり、ありがとうございます。

市川いずみです。

 

子供たちは新学期が始まって、みんな新しい生活でひたむきに頑張っている時期ですね。

小5になった娘も、学校生活と中学受験の専門塾「日能研」の両立で頑張っています。

 

ですが・・・私自身が「さぁ、私も娘と一緒に頑張るぞ~!」という気分ではなく、モヤモヤ中。

 

ここ数日、小5になった娘のことを考えてみると、

「はたして中学受験をする意味があるのかな?この先どうしよう?」

と、色々考えることがあり、私自身が急に方向性を見失ってしまいました。

 

スポンサーリンク

中学受験をする?しない?

我が家の状況

娘が日能研に通うきっかけとなったのは、2歳上で現在中1の兄です。

塾の兄弟割引で下の子はかなり安かったので、特に習い事をしていないなら「行っておく?」というくらいの気持ちで3~4年生から通塾していたんですね。

 

兄については色々なことがありすぎたので、おいおい書いていこうと思いますが、とりあえず兄は今年の冬に中学受験が終了し、ずっと行きたかった中学校へ入学しました。

今まで兄に付きっきりで妹は放置状態にしていた私ですが、今度は娘の番なので、新5年生から本格的に勉強のサポートを開始しました。

 

娘の性格

娘はいたって普通の女の子。

性格も穏やかで、言われたことはやる、反抗しない、怒られてばかりの兄を見てきた下の子なので、怒られないようにする術を知っているため、引き際もわかっているんです。

成績は塾でど真ん中の平々凡々タイプ。

はい。とっても育てやすい子です。

 

算数苦手は痛い

しか~し、中学受験となると話は別なんですよね。

娘の勉強を見るようになって、兄とは違って楽しくやりたいなぁ~、バトルなんかしたくないなぁと思っていたのですが、なんだかイライラ、モヤモヤ、フツフツ・・・。

 

どうにも算数が苦手で理解力が乏しく、つまずきスイッチが発動されちゃった??

基礎を繰り返しやって、パターンを覚えればできるんだけど、数日経って同じ問題をやるとできない・・・。

いつまでたっても、ちょっとした応用にも進めない~。

この先、割合がバンバンでてくるのに、分数割り算の文章題でつまずいちゃった。

 

確かに、5年生は新しい分野、理解しにくい分野が次々にでてきて一気に難しくなるので大変なのはわかるんだけど・・・

 

よく女の子にありがちな、わかったような気になっているけれど、数字や問題が変わると急に難しく見えちゃって解けない・・・

 

要は、意味を理解していないっていうありがちなパターンですね。

 

これは、親も根気が必要だなぁ。

入試では4教科の合計点で決まるところが多く、苦手教科があっても他でカバーができればいいのですが、算数が苦手というのは結構痛いんです。

 

中学入学後の数学についていけなくなりますし、理科の物理分野は思いっきり算数の思考が必要ですし、算数で差がつくと言われています。

学校によっては、教科ごとに最低点を設ける足切りと呼ばれるところも存在するそうです。

 

となると、努力でなんとかしなきゃいけない・・・

でも、そんなにガッツタイプでもなく、マイペースな娘。

ひらめきタイプではなく、コツコツタイプですね。

 

そもそも何で中学受験するの?

そこで、ふと私が気になったのが、「娘はなんで中学受験をするのか?」

 

行きたい学校が明確なら、「私、もっと頑張る!」となるのかもしれないけれど、今の状況は中途半端な立ち位置じゃないか?

目標もなく、ただ勉強するのもつらいよなぁ・・・。

 

娘の周囲では、幼稚園からの親友がサピックスに通塾していて難関校を目指している、地域が違う従姉妹イトコも日能研に通塾していて中学受験をする、だから私もする!という状況なんです。

兄の学校選びで一緒に文化祭巡りをした時、私立の設備に憧れた娘。

 

娘の本音を聞いてみると、

「親友の〇〇ちゃんも、いとこの〇〇ちゃんも受験するし、設備がきれいな学校に行きたい、できれば食堂やカフェテリアがあるところがいい。男女共学で大学受験がなくて、偏差値も自分の今の状況よりちょっと上くらい?なら頑張ろうと思うんだけど」

という、5年生らしい答えでした。

(結構、欲張りだと思うよ…by母)

 

中学受験?高校受験?

やりたいことは中高時代に見つけていけばいいことなので、中学受験をしたい理由はなんでもいいんです。

私自身も親に言われて塾へ行ったけれど、最終的には「あの制服が着たい!」っていう気持ちで頑張ったしなぁ。

 

塾のお友達の雰囲気で、だんだんその思いが強くなっていくので、今は漠然としているのもわかります。

 

親としては最初、偏差値がどうのこうのよりも、大学入試改革で大変になるため大学附属がいいなと思っていました。

でも、千葉県内にある〇〇大学附属という私立中学は、いくつかあっても、外部進学が前提というところが多いんですよね。

エスカレーター式というところは少ないようです。

 

もしくは、中学は公立へ行って高校受験で大学附属の私立を目指すのもいいんじゃないかな、またその時に行きたい学校があればそれでもいいし…と思ったり。

この先、塾代も半端ないくらいかかりますからねぇ。

 

偏差値や通学距離、校風など色々と考えると、良い学校はいっぱいあっても、実際には限られてきます。

親としても娘のことを考えて学校選びをして、さらに娘の希望と一致する学校があればいいのですが、あの条件ならどれか妥協しないと行ける学校がないよ~。

 

学校選びは幅広く早めに

春から学校情報をチェック!

とりあえず、娘の状況から考えると中学受験はしたいけれど、まだ志望校が定まっていない状態です。

 

ピン!とくる学校に出会えれば、またモチベーションが上がると思うんですよね。

今まで兄と一緒にいくつかの学校見学には行きましたが、自分のこととして見ていなかったようで、あまり記憶にないらしい~

 

各学校のホームページには、今年度の学校説明会、体育祭、文化祭、夏前~夏休み中のオープンスクールイベントなどの日程が掲載されています。

過ぎ去ってからでは遅いので、ある程度行ける時に子供と一緒に行った方がいいですね。

秋の文化祭も日程が重なってしまうと、ハシゴはきついですし、かなりハードです。

 

母も焦らないようにしなきゃ

日能研の保護者説明会での情報や、入試報告会で実際に同じ地域の子たちがどういう学校を受験したのか、色々な学校名を見ながらチェックしています。

 

娘の条件にぴったり!と思っても、偏差値が高すぎてお呼びでない学校、通学にはきつい場所、伝統を重んじて規律が厳しい学校・・・う~ん・・・。

 

兄の時は親子で「この学校!」と最初から最後まで一致して希望を持っていましたが、娘はあれこれ妥協して選ぶ学校になっちゃいそうで、本当にいいのかなとモヤモヤしている理由がこのようなことでした。

 

まぁ、娘の算数のできなさっぷりに私も焦ってしまい、私自身も娘を応援する目的がよくわからなくなっちゃいまして・・・。

 

はぴにゃん
はぴにゃん

夏期講習の山をこえた時の成績がどうなっているかもわからないし、秋の文化祭で実際に学校を見てからまた判断したらいいんじゃないかな。by旦那

旦那さんの冷静な一言で、とりあえず心を落ち着かせて今やるべき算数の強化をフォローしようと思います。

中学受験・中高一貫
スポンサーリンク
この記事を書いた人

すみっコぐらし(特にぺんぎん?)が大好きな娘と一緒にすみっコぐらしの世界を楽しんでいます。

市川いずみをフォローする
子供に読ませたい学習漫画をチェック!
2人の子供が中学受験を経験し、中学生になりました。家庭学習や学校のこと、子育てについて書いています。特に学習漫画を比較・紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪
市川いずみをフォローする
すみっこハッピーライフ