子連れ海外旅行の準備に便利な持ち物リスト!荷造りの時間を有効に!

海外旅行

海外旅行楽しみ~!と思いつつ、出発日が近づいてくると…あぁ~!準備しなきゃ~と急に大忙し。

自分の荷物だけでも大変なのに、家族&子供たちの荷物の準備もするとなると、かなりの労力。

旦那さんも準備を手伝ってくれますが、旅行へ行く直前までお仕事となると・・・やっぱり私がやらないで、誰がやる?なんですよね

 

我が家は、子供たちが4歳&2歳の頃からおじいちゃんに何度か海外旅行(主にフィリピンのセブ島)へ連れて行ってもらいました。

その中で、何が必要か試行錯誤してきたので、こんなものがあると便利だよ~という「持ち物リスト」を作りました。

リストを見るだけで、うわぁ~!こんなにぃ~!となっちゃうくらい、なんだかんだと多いです。

 

わたし
わたし

海外旅行で必要な物を調べる時間がもったいない~!

初めての子連れ海外旅行で様子がわからない~!

お母さんも忙しいのよぉ~!

 

ぜひ使える部分を有効活用してください♪

 

スポンサーリンク

幼児~小学生の子連れ海外旅行するなら持ち物はコレ!

持ち物リストの条件

 幼児~小学生くらいの子供2人と大人2人の4人家族を想定しています。

 グアム1回、セブ島5回経験ですが、全部、海やプールがメインの海外旅行のため、持ち物にプールグッズなどがあります。

必要がない方は省いてください。

 4泊5日くらい

 我が家の場合の荷物ですので、足りない物や必要がないものもあるかと思います。

必要or不必要なものは各ご家庭で調整、最終判断をしてくださいね。

 参考程度にご利用ください。

 

持ち物リスト

※かな~り長くなります。

持ち物メモ
パスポート親が責任を持って管理しましょう。
パスポートのコピー家族分のコピーを取っておき、手荷物と別の場所に入れておきましょう。
飛行機のチケット行き帰りの分を管理しましょう。
旅行会社の日程表日本にいる身内にも事前に渡しておきましょう。
お金チップも考えて日本で少し換金しておくと安心です。
クレジットカード持って行く場合は、海外のショップやホテルでも利用できるカード会社か要確認です。
日焼け止め特に陽射しが強い国、海やプールへ行く場合は必須です。残量を確認しましょう。
デジカメ旅行の思い出に。
スマホ・携帯海外でも使えるようになり便利になりましたが、契約形態によっては海外での受信や着信で料金が高くなることも。設定方法や状況を電話会社に確認しておきましょう。
Wi-FiレンタルWi-Fiがつながっているホテルも多くなりましたが、モバイル機器を使用する場合、レンタルするとよいかもしれません。(ホテルの敷地内でも使える場所が限られているところもありました。)
充電器コンセントの電圧など、日本と同じものが使えるか事前にネットなどで確認しましょう。わからない場合は変圧器が必要です。
飲み物(2Lのペットボトル)成田空港の出国審査後、500mlのペットボトルを購入し、機内に持ち込めました。スーツケースには2Lのペットボトル(水1本、お茶2本、ポカリ1本)を入れていきました。

水…歯磨きなど口ゆすぎ用、薬用、カップラーメン用

お茶…成田空港で購入したペットボトルに移し替えて持ち歩き

ポカリ…万が一、熱が出た時用と思いましたが、粉末タイプでもいいかも

(ミネラルウォーターが毎日補充されるホテルもありますが最初はわからないので。)

紙皿・プラスチックスプーン、フォーク、割り箸など日本と違い、子供用の食器が用意されていないことが多く、平たい紙皿、ちょと深さがある紙皿があると子供たちに取り分けが便利でした。フォークやスプーンも大人用で大きかったので、子供用を持って行くと安心です。
ふりかけ子供が食べるものがないという時にはタイ米にふりかけということもありました。
除菌ティッシュこれはいつも大量に持ち歩いていました。トイレの便座を拭いたり、何かとおしぼりがわりに使っていました。飛行機の中は液体の量が制限されているので、ジェル状の除菌よりティッシュタイプの方が便利です。
水に流せるポケットティッシュこれも必須!海外のトイレ事情は日本と違います。お父さんも必ず持っていた方がいいです。ちなみに、フィリピンのトイレは便座がないところも多く、とまどうかも…。
洗濯ばさみホテルの部屋にあるハンガーでは足りなく、いつもベランダなどで水着を乾かしていました。家族分の水着、ラッシュガードなどすごい枚数なので、干せるところに干しまくりました。
洗濯ひも・ロープ上記の理由で、ホテルの部屋の中で補助的に使いました。浴室の乾燥より部屋のクーラーの方が早く乾きました。(海外のランドリーを使う勇気がないので…)
お風呂スポンジ100均などで使用する前はコンパクトで水に濡らすと大きくなるスポンジ。体洗い用で帰りは捨ててきました。
シャンプー・リンスホテルについていることの方が多いかもしれませんが、念のため持って行きました。
洗顔・メイク落とし日焼け止めも塗っているので、ばっちり使います。
化粧品、化粧水、乳液など女性は忘れたらピンチですね。
髭剃りグッズ旦那さんに自分で用意してもらいましょう。
髪留めお子様の分もあるといいかも。
子供の歯ブラシ・歯磨き粉子供が小さいうちはカウントされていないこともあります。大人はだいたいアメニティがついていますが、お子様の分は念のため持って行った方がいいかもしれません。
ヘアブラシ
みんなの水着・ラッシュガード海やプールへ行く時は忘れずに。
みんなの下着下着はしわくちゃになってもいいので、圧縮袋に入れて、コンパクトにしてスーツケースにきっちり詰めました。
圧縮袋100均に売っています。帰りに衣類を圧縮してスーツケースへ。
みんなの洋服着替え何着も持って行けないので、写真も撮るので組み合わせを変えられるコーデにしました。
みんなの部屋着・パジャマセブ島の場合はクーラーが効きすぎていました。温度調節ができればいいのですが、調整が難しかったです。
みんなの羽織もの行き帰りの飛行機、送迎のバス、レストランなど、あらゆるところで冷房が効きまくり。薄手でもいいので、羽織物が各自の手荷物にあった方がいいと思います。
みんなの帽子観光がある時など、必要に応じて準備してください。
ハンドタオルバスタオルなどはホテルのものを使用できることも多いです。大きいバスタオルに関しては、荷物になるのでビーチで借りることができるかリサーチしておくと安心です。ハンドタオルは日本にいる時と同じように普段使い用です。
飛行機の中で遊ぶもの塗り絵、パズル、お絵描き、シール貼り、子供用雑誌、ポータブルDVD、ゲーム機器など。
薬(サプリ・胃薬・目薬・酔い止め・下痢止め・パブロン・バファリン・整腸剤・いつもの薬)子供が小さいうちは病院で処方されたものを用意し、ある程度大きくなってきたら大人と同じ薬の表示を見て、子供も飲めるものを持っていきました。大人も結構疲れがでてくるので、サプリメントも持ってビタミン補給しました。
強力ムヒ、オロナイン、マキロン消毒、ムヒパッチ海外にも蚊がいます。ムヒでもいいのですが、強力ムヒにした理由は、一度、旦那さんが浅い海でサンゴにたまたま膝が触れたようで激痛が走り、ブチブチと発疹がでてしまい、数日ひかなかったことがあります。ホテルの医務室では特に対応がなかったので、とりあえず強力ムヒでしのいでいました。
虫よけグッズ国や時期にもよると思いますが、一応持っていきました。
ばんそうこう色々なタイプのばんそこうを持ちました。キズパワーパッド、包帯、大きさを自分でカットできるばんそうこうなど。
爪切り・ミニはさみあると便利です。手荷物検査で引っかかりますのでスーツケースへ。
浮き輪、ゴーグル、水中をのぞくのバケツ、ライフジャケット、シュノーケリング、砂遊び用グッズ海やプール用の遊び道具です。
ビニール袋・スーパーの袋ビーチにいる間にでるゴミや、何かとスーパーの袋が役立ちます。ビーチに行く時は洗濯バサミでとめておくとゴミ捨て場所になり便利です。飛行機の中でもゴミ袋に使います。
固形タイプの栄養補助食品我が家の子供たちはカロリーメイトを食べるので、一応持って行っています。
お菓子主に飛行機の中とビーチ、移動中の車で食べていました。スナックというよりガムや飴が多かったです。
パウチタイプのゼリーや飲み物パウチタイプのゼリーやミニッツメイド ぷるんぷるんクー 、カルピスウォーターをクーラーボックスに入れてビーチで飲みました。
簡易的なクーラーボックスホテルで氷をもらって、ビーチへ持って行きました。現地で買ったジュースや持ってきたものを冷やせます。
カップラーメンホテルに電気の湯沸しポットがあればカップラーメンも。帰国日の早朝にホテルを出発する前に食べていました。
サングラス必要に応じて準備してください。日差しが強いこともありますので、子供もあった方がよい国もあります。
エコバッグあると便利です。
クロックス、マリンシューズスーツケースに靴を入れる余裕がないので、行き帰りもビーチもずっとクロックスでした。行く先の国やホテル、持ち物の量などで検討してください。子供のマリンシューズだけ持って行きました。
現地の人とのコミュニケーション用おみやげ現地のスタッフとコミュニケーションをとる時、セブ島のホテルでは日本のチョコレートやお菓子が人気のようです。キッズの遊び場や、部屋の清掃をしてくれるスタッフにちょっとしたお菓子をあげるとすっごく感謝されます。折り紙や日本の安いものにし、品質というより数で持っていくと異文化交流ができて楽しいです。
ブルーシートもし、お子様がまだハイハイするくらいで、ホテルの部屋の床が気になる場合はブルーシートがあると安心です。ホテルの部屋は絨毯といっても土足なのでご判断下さい。
リップクリーム時期や国によってとても乾燥するときはリップクリームがあると良い場合もあります。
各自機内用持ち込みバッグ各自、飲み物やお菓子、飛行機での暇つぶしグッズを持ちます。幼稚園の時くらいから子供用ミニスーツケース?キャラクターのものを買い、それぞれに羽織物、お菓子、暇つぶしグッズを入れました。飛行機でも前の座席の下に入れられるので、出し入れがしやすいです。​各自、飲み物やお菓子、飛行機での暇つぶしグッズを持ちます。幼稚園の時くらいから子供用ミニスーツケース?キャラクターのものを買い、それぞれに羽織物、お菓子、暇つぶしグッズを入れました。飛行機でも前の座席の下に入れられるので、出し入れがしやすいです。​
お茶のティーパックやスティックのカフェオレ、カップスープの粉末などホテルに電気タイプの湯沸しがあれば部屋でホッと一休み。子供たちもプールで冷えた後などに飲んでいました。
赤ちゃん用品、おむつなど普段使用されているオムツ、哺乳瓶、粉ミルクなど
ベビーカー・抱っこひもベビーカーは旅行会社のオプションでレンタルできる場合もあります。
女性用生理用品予定外で生理がきてしまうことも。下着類が心配な時はショッピングセンターなどの旅行コーナーに使い捨て下着があるので利用してもよいかと思います。私も紙タイプのパンツを使ったことがありますが、そんなに悪くないかも。使わなかったら災害用にも取っておけます。

 

私の体験談

航空会社によって重量制限があります。飛行場のカウンターでもたもたしないためにも一度、自宅で計量して分散していった方がいいですね。

 

宿泊するホテルによっても、アメニティや設備などが違います。

私は心配性なので、色々なことを考えているうちに持って行きすぎたなと思うものもあるのですが、現地で後悔するより、使わなくても持って行くタイプ。

友人や他の家族と一緒ならば助け合うこともできますが、自分たちだけの場合は何とかしなくちゃいけませんからね。

 

ぜひ、楽しみながら準備をしてください

海外旅行
スポンサーリンク
この記事を書いた人

すみっコぐらし(特にぺんぎん?)が大好きな娘と一緒にすみっコぐらしの世界を楽しんでいます。

市川いずみをフォローする
市川いずみをフォローする
すみっこハッピーライフ