「日本・世界の歴史&学習まんがのおすすめ徹底比較」も見てね♪>>

個人輸入でお得に買い物をする方法は?セール!クーポン!送料をチェック!

個人輸入

お買い物をするなら、お得に!というのが条件ですよね。

では、海外のネットショッピングでどうやってお得にするのか?

実際に私が体験したことについて書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

アメリカのセール時期をチェック

日本のセール時期と言ったら、夏物セール、冬物セール、クリスマスセール、お正月セール・・・日本独自の福袋など、1年を通してお得な時期があります。

 

昔と比べると、夏が終わってから夏物セールではなく、結構早い時期にもう季節商品が移り変わっていく傾向があり、セールのタイミングがイマイチわからなくなっていますが・・・。

 

海外輸入をするまでは気にもしていませんでしたが、アメリカのセール時期っていつなんでしょう?

知っていると、個人輸入でのネットショッピングでお得にお買い物ができるので、ぜひチェックしてみてください!

 

アメリカのイベントを知っておこう

アメリカは、祝祭日や記念日にあわせてセールがちょこちょこあります。

日本では馴染みがないイベントがあり、それにあわせてセールが開催されているようです。

 

夏は独立記念日に合わせた「インディペンデンスセール」、秋は収穫祭の翌日から「サンクスギビングセール」、冬は「クリスマスセール」などが有名です。

 

私が登録しているショップからセール情報がメールでくるのですが、ある時、「ブラックフライデー」という宣伝が多く、最初はあやしい?とまで思ってしまいました。

11月の第4木曜日の感謝祭(サンクスギビングデー)という感謝祭(七面鳥を食べることで有名?)、翌日の第4金曜日をブラックフライデーといい、お店が黒字になるようにということでクリスマスセールの始まりとなっていくようです。

 

このサンクスギビングデーからブラックフライデーでは全米のありとあらゆるお店が深夜0時にオープンするんです!

日本にいる場合は時差があるので、注意ですよ~。

 

アメリカの年末はセール商品で大盛り上がり!

アメリカ全体がその週末はセールになるため、それを避けてまたセールをするという、ブラックマンデー(感謝祭の休暇明けとなる月曜日)という言葉もあるようですね。

そしてこのままクリスマスセールという流れで、年末はアメリカでのお買い物はお得!

 

こまめにメールをチェックしていないと、オンラインでもスタートに出遅れて商品が売り切れてしまうこともあるので、気をつけてみてください。

 

お店によっても、日によって商品の入れ替えのタイミングなのか、昨日までは安かったのに定価に戻ってしまった、気がついたらまたセール価格になっていたなど変動することもあります。

気になるお店があったら、しばらく価格をチェックしてみるとよいかと思います。

 

サンクスギビングデーあたりからアメリカのネットショップを見ていると、どこも「セール」の文字が大きく、アメリカにいるわけじゃないけど、なんだかワクワクしちゃうんですよね。

送料も考えると、まとめ買いをした方がお得ですので、ぜひ時期もチェックしてみてください。

 

季節商品は早めにでてくるよ

アメリカはサマー商品がゴールデンウィーク付近にはでてきます。

8月後半にはちらほらハロウィングッズが出始め、その後にはクリスマス、そしてバレンタイン、イースターなど季節のイベントにに応じたグッズが早くでてきます。

 

気になるお店は、1年を通して見ていると発売時期がよくわかるので普段から欲しい物を見ていると価格の違いにびっくりするのでお得にお買い物してくださいね。

 

海外のショップからお得な情報がメールで届く

海外ショップからのお得情報メール

日本では、メルマガやダイレクトメールなどでショップのお得情報を知ることができますよね。

自分のお気に入りのショップからセールや新作のご案内などが来ると、ワクワク!

 

海外のお得情報は日本にいる以上、なかなか入ってきませんが、実はお得な割引券みたいなものがあるんです。

 

私自身、自分の趣味でアメリカから個人輸入をするようになって、お得な情報のお知らせメールがたまに来ます。

もちろん、英語の案内ですが何パーセントOFFと書いてあればセールかなと、英語ができない私でもわかります(笑)

 

お誕生日クーポンがお得だった

今まで、「1点だけ40%オフ!クーポンコードはこちら」という案内がきたので、高くて買うのを迷っていた物を思い切って購入したことがありました。

 

1万円が6000円で購入できて、送料もかかりますが、他の商品と一緒にお買い物~♪

ちなみに、クーポンコードのイメージは、

ABC123、Free123

みたいにアルファベットと数字の組み合わせだったり、アルファベットだけだったり。

 

支払いの手続きの途中で、クーポンコードを入力する欄があり、メールに書かれていたコードを入力すると支払い金額がガラリとかわるんです。

そうなると、ラッキー!!

 

しかし、たまに案内をちゃんと読んでいなくて(というか英語なのでしっかり読んでいない)、クーポンコードが使えなかったことが・・・。

 

なんと、メールに書かれていたクーポンコードはアメリカの実店舗でお買い物をした時に有効ということもあったんです。

そういうクーポンはもらってもアメリカまで行くことすらできないので残念~。

 

お誕生月などに割引のクーポンコードの案内があったりしますので、お気に入りのお店が見つかった場合は、メールを登録してもよいかと思います。

 

クーポンコードを利用する

ショップからのメール以外にクーポンコードを日本にいながらGETできるのでしょうか??

 

私が利用しているものは、RetailMeNotというサイトで、ショップ名(アメリカの店)を英語で入力して検索します。

 

コードがでてこないショップもたくさんありますので、あくまでも私が利用しているご紹介です。

 

50ドル以上だと送料無料のコード、ある商品だけ15パーセントオフのコード、あるメーカーの商品だけ割引するよ・・・などお店によってコード番号がでてきます。

有効期限が切れてしまっているものや、使えないものもありますが、支払い手続きの手前でクーポンコードを入力して、価格がかわるか反応を見てみるといいですね。

 

送料無料というのは、あくまでもアメリカ国内のみのことですので、個人輸入代行業者に転送する場合などに有効です。

 

他にも、クーポンコードを発行しているサイトがいくつかあるようですので、ご自身の判断で利用してください。

使えないじゃないか~!と言われても、お役にたてず、すみませんとしか言えないです・・・。

 

もし、割引のクーポンコードがあればラッキーですので、ちょっと気にしてみるとお得にお買い物ができます♪

 

転送サービスならアメリカ国内送料無料を利用する

個人輸入代行業者の転送サービスを利用するなら、「〇〇ドル以上はアメリカ国内送料無料」などを利用するといいですね。

 

転送サービスについてはこちらの記事で書いています。

個人輸入代行を上手く利用しよう!海外から日本に直接発送してもらえない時や自信がない時に
個人輸入にさぁチャレンジ!まずは日本に発送してくれるでしょうか? アメリカのネットショップには、だいたい下の方や欄

 

ただでさえ、個人輸入代行の手数料や、国際配達の送料、課税など色々と上乗せされていくので、出来る限り金額は押さえたいものです。

 

ついつい、余計にお買い物をしすぎてしまうのですが、ちょこちょこできる買い物ではないので、思い切ってまとめ買い。

となると欲しいものがいっぱいあるショップ探しに夢中になっちゃうし、ほどほどにセーブしなくては・・・。

 

まとめ

クーポンコードやセールとは別の話になってしまいますが、品揃えが豊富となると、なんといってもアメリカのアマゾンが安くて、品数も多くて、色々なメーカーや商品を買うことができたので楽しかったです。

 

アメリカのアマゾンから日本へ直接、個人輸入ができるものもあると聞いたことがありますが、私はいつも個人輸入代行の転送サービスを利用していました。

 

ショップ探しも大変ですが、品ぞろえが豊富なショップを見つけるとワクワクでした。

ただ、怪しいショップもあるので気を付けて下さいね。

個人輸入
スポンサーリンク
この記事を書いた人

発達障害・ADHD不注意型の息子に翻弄される母です。子育て、中学受験、発達障害の関わり、毎日が葛藤の日々。今日は何をやらかすのか?どうやって対応しようか?涙あり笑いありの中で母のグチ&本音を発散中~。
子供の教育ランキング 子育てブログランキングなどを参考に、楽しいことを見つけたり、悩みを考えたりしています♪

詳しくは 自己紹介&お願いを読んでくださいね。

市川いずみをフォローする
市川いずみをフォローする
子供に読ませたい学習漫画をチェック!
これから高校では「歴史総合」が必修に!子供向けの世界史が注目されています。 学習漫画は歴史だけじゃない!他教科のまんがも比較・紹介しているので、ぜひ子供に読ませたい学習漫画を選んでくださいね♪
発達障害&グレーゾーンの子育て狂騒曲