「日本・世界の歴史&学習まんがのおすすめ徹底比較」も見てね♪>>

中学受験なら朝勉強は絶対にやった方がいい?出来ないのはダメ?

中学受験2018年(兄)

お子さんは学校へ行く前に朝勉強(通称:朝勉(あさべん))をしていますか?

結構、ママ友同士で話題にでたことがあるのですが、各家庭の生活というか教育方針で違いがあるなとちょっと興味がありました。

 

中学受験をするなら朝勉は当たり前じゃない!

中学受験をしなくても生活の一部よ~。

朝に基礎英語をやっている、漢字や計算をやっている、ドリルを毎日やってから学校へ行く・・・

学校へ行く前にテレビゲームをやっている、テレビを見る、新聞を読む・・・

 

色々なタイプがありますが、朝勉について、我が家の体験談を書きたいと思います。

(結論から言うと、朝勉を挫折した派です・・・

参考にならないと思われます・・・すみません)

 

スポンサーリンク

中学受験をするなら朝勉強の習慣を!?

中学受験を決めた4年生に朝勉を開始

朝の貴重な時間に起きて早々に勉強だなんて・・・

私自身が朝勉をしてきたタイプではないので、朝ごはんを食べながらニュースを見て、学校へ行ってきます~という生活でした。

(ニュースじゃなくて、当時はウゴウゴルーガだったような)

 

息子が4年生の時から中学受験のために日能研に通うようになり、中学受験のことを調べている時に「朝勉」というものを知りました。

入試本番は朝から試験があるため、朝から頭を活性化させる生活習慣を身につけるということがあちこちで書かれていまして。

 

わたし
わたし

おっ、そうだよね。これはやったほうがいいよね!

 

と思い、毎日少しずつやるとよいと言われている漢字と計算を息子にも導入!

 

5年生になり朝の時間帯に機能しない

が・・・、4年生の1年間はだましだまし、何とか朝勉を20分くらいやってきましたが、5年生になってからは朝の時間帯がめちゃくちゃに。

 

眠たくて朝起きれない、ダラダラモードの時は学校の支度も遅れ、それでも朝ごはんも食べたくて遅刻ギリギリ、急ぐことをしない・・・

はい。ADHDの息子ですので、時間の概念が乏しく、焦らないんです。

自分優先タイプ、頑張るのハードルが他より低め。

 

当時は、私もADHDに理解がなく、生活習慣として身につけてほしいという想いで、朝から叩き起こしていました。

ただでさえ、朝はみんながバタバタなのに私もイライラモードになって、朝からワーワー状態です

 

やる気がある時はサクサクッと終わって、ゆっくりめの朝ごはんタイムもとれるのですが、そんなことは稀。

どちらかというと朝の時間に勉強があることで空回りし、ドリルの量を減らしてみたけど、朝からの勉強は完全に嫌々モードでした。

 

朝から勉強をやるぞ!と思えないことはよ~くわかっていますが、やる意味もわかっていないよね?

字は殴り書きだし、

 

息子
息子

はい、やったからいいでしょ

 

的なやらされてる感いっぱいの態度で、私もイラッ、カッチ~ン。

 

朝勉強のメリットとデメリット

わたし
わたし

やっぱり朝勉ってやらなきゃ駄目かな?

と思った時に、メリットとデメリットを調べてみました。

 

簡単にまとめると、朝と夜では脳の働きも違うようです。

 

朝・・・活性化モードになるので、新しい記憶の吸収力があるが、時間に追われる
夜・・・脳もお休みモードへなるため記憶定着にはよいが、眠くなってしまう

 

一長一短ですね。

朝にしろ、夜にしろ、時間の使い方が結局は大事なのよね・・・。

時間の概念に乏しい息子には、今の気持ちが優先で、気分次第だから朝に勉強するメリットがないかも。

 

1年間で朝勉強をやめた

いつかは生活の一部になるかな~と思って1年間、試行錯誤をして朝勉強を取り入れてみましたが、ダメでした。

周囲の話では、もっと子供が小さい頃から朝勉の生活習慣を身につけていたということも聞いたことがあります。

 

わたし
わたし

うちは遅かったか・・・!?

 

いやいや・・・どちらにしても、何があろうとやる気がなきゃ動かない息子なので、「眠い時は眠い」「疲れた」「急がない」・・・同じ結果だったような気もします。

 

息子
息子

それだったら、学校から帰ってきて宿題と一緒に朝勉強でやっていたドリルをやる方が効率がいい!

と自分でも言うようになり、それならば!ということで朝勉強を中止してみました。

 

朝勉はやることが理想だけれど無理はしない

朝勉は確かに、受験当日に8時過ぎから試験が開始し、頭が働くまでに時間がかかるから、慣れていおいた方がよいという意味もわかります。

 

ただ、実際に中学受験を経験してみると・・・

普段の生活とはまったく違う精神状態で迎える中学受験期間は、夜に眠れない子もいますし、緊張して目がスカッとする子もいますし、いつも通りに落ち着いて朝勉を軽くやってから本番に備える子もいます。

 

そう思うと、朝勉は何がなんでもやらなきゃいけないか?というと、そうでもない気がしました。

 

毎日規則正しく続けることは大事ですし、理想ですが、我が家の息子はそんなことおかまいなし・・・。

超難関校に合格した子の特集を見た時は、学校へ行く前に朝食を食べながら新聞チェックをする生活というのを見て、できたお子さんだな~と思っていました。

 

出来る子は、朝の時間を有効活用して短時間にサクサクっとすることは生活の一部になるかもしれません。

周囲では、公文のプリントをやってから学校へ行くという話も聞いたことがあります。

 

しか~し・・・我が家の息子のように、漢字や計算をする目的であれば朝ではなく、効率がよい時間の方が断然はかどる!

朝勉はあきらめ、夜型になりました。

 

こればかりは家庭によるかなと思います。

 

やれる子はやる、無理な子は無理。

 

朝から、私も余計なイライラは嫌ですし・・・。

 

日能研の卒業生に実際、話を聞いてみた

日能研では、夏休み前にNフレンズというイベントがあります。

私立中学に入学した1年生(日能研卒業生)とお話をする機会があるんですね。

 

息子が希望する学校の先輩お兄ちゃんたち2人に私が

「朝勉強をしていましたか?」

と聞いてみたことがありました。

 

2人とも真面目そうなお子さんで、丁寧な受け答え。

意外にも、

「朝は苦手なんです。中学受験するなら朝勉はやったほうがいいと思っていたけれど、どうも起きれなくて・・・。
夜やることをやって、すっきり寝た方が自分には合っていたので朝勉はやりませんでした。
入試本番では嫌でも目が覚めたので、毎日どこかでコツコツやっていればいいと思いました。」

と話をしてくれたんです。

 

しっかりしているなぁと感心。

子供自身もやりたくないというわけではなく、やるべきことはわかっているけれど、自分の中で工夫をしていたんですよね。

 

私の中の結論

 朝勉はやれるならやる!
やれないなら無理して親がイライラするよりも、違う時間帯でもやることはやる!

ということでしょうか。

 

朝勉は結局やらないまま中学受験まで息子はいきました。

が・・・・・・

 

朝勉はしなくても朝の時間は貴重だった我が家として息子はどう過ごしていたかというと、

勉強ではなく、ため込んだ録画番組を見て、ゲラゲラ笑って目を覚ましてから学校へ行く日々となりました

 

そして、中学入試本番の朝。

朝ごはんを食べながら、アニメのテレビを見てから試験会場へ向かいました。

 

ありえな~い!!!

でも、何より入試当日で大事だと思ったのはメンタルなので好きにさせていましたが、まさかテレビを見るとは思わなかった・・・

 

おぉ~い!

日々の生活でも、時間の使い方って難しいですね。。。。