「日本・世界の歴史&学習まんがのおすすめ徹底比較」も見てね♪>>

子供が賢くなる!?読み聞かせ・読書に最適な365のお話ブックシリーズ

本・問題集・参考書

「おかあさ~ん!今日はどんなお話かな?」

「とんち話がいいな~」

子供が小さいころには、寝る前に読み聞かせタイムを作っていました。

 

とにかく布団で横になってもらわなくては!!

いつまでも寝ようとしない元気な子供たち・・・。

 

しか~し!

日課になりそうな読み聞かせに必要な本はどうしよう??
長い話も大変だし、たくさんの絵本を買うのもお金がかかるしなぁ。

 

そんな時にとっても良かったアイテムが、図鑑並みに分厚い「365のお話ブック」です

 

スポンサーリンク

たくさんの種類のお話を知ることができる

子供が小さい時には読み聞かせ、大きくなってからは自分で読書ができるくらい長く使える本。

それは、1日1話、365日楽しめるお話ブックシリーズです

 

365日分も楽しめるボリュームなので、ものすごく分厚い~。

中には、1月1日~12月31日まで毎日読めるお話が書いてあるんです。

 

子どもが眠るまえに読んであげたい 365のみじかいお話

 

子供が小さい時に、「子どもが眠るまえに読んであげたい 365のみじかいお話」を買いました。

 

有名なお話もたくさん入っていたり、怖いお話、ゆかいなお話、ためになるお話、心あたたまるお話、泣けるお話などジャンルも様々。

 

5分くらいで読めるので、ちょっと子供とおしゃべりして、そのまま「おやすみなさ~い」という流れです。

私も知らない物語がいっぱいあって、読み聞かせしていて楽しかったです。

どんな話だったっけ?というような曖昧な物語も、話が短くまとまっているので、「あ~、そういうお話だったなぁ」と私の中で勝手に自己解決

 

絵本と違って挿絵が少ししかないので、子供はお話を聞きながら想像している様子???

想像力を養うのに大切かもしれませんね。

 

1話ごとに日付が書いてありますが、毎日必ず読み聞かせができたわけでもなく、読み飛ばしたり、子供たちの気分で選んだり・・・。

ドタバタした毎日の中でも、こうやって物語を通じて子供と会話する時間も大事だったなと思います。

 

ある程度の年齢になれば、子供が自分で選んで、パラパラ読んでちょっとした読書。

すぐ読めちゃう長さなので、ちょうどいいですね。

 

理科好きな子に育つ ふしぎのお話365

 

理科好きな息子に幅広い知識を!と思って買ってみた365のお話シリーズ「理科好きな子に育つ ふしぎのお話365: 見てみよう、やってみよう、さわってみよう 体験型読み聞かせブック」。

 

わたし
わたし

理科のお話って面白いの?

 

と最初は思いましたが、それがまたついつい知りたくなるテーマが次々に書いてあるんですよね。

 

理科の不思議が子供にもわかりやすく書かれていて、たくさんの話題が載っているんです。

大人が読んでも、「へぇぇ~!」と感心したり、「そうなんだ~」と知らない内容がいっぱい!

 

たとえば、

タイトル例
「蚊はなぜ血を吸うのか」
「大昔の海は赤色だった?」
「最初に目を持った生き物はなんだ?」
「イモムシからどのように羽や足がはえる?」

などのお話が絵付きでわかりやすく書いてあります。

 

ねっ?大人でも興味津々の内容じゃないですかっ??

 

しか~し・・・

切り替えが苦手な息子は、次も知りたい!!他にはどんなテーマ?と気になってしまい、寝る前は逆効果。

理科に興味津々な子は、寝る前に読むと、なかなか眠れないかもしれません(笑)

 

子供の知識が広がる!どれも読みたいテーマばかり

昔に比べて、365日、毎日色々な種類のお話を楽しめる本が増えましたね。

眠る前でなくても、色々な教科をテーマにしたシリーズも登場しています。

これは子供の好奇心や知識が広がるよなぁ

 

体験型読み聞かせブックの算数・国語・英語も

息子は理科が好きだったので、前でお話した本でワクワクしていましたが、他にも算数・国語・英語もシリーズであるんです。

 

もはや、参考書のような・・・

親子で一緒に読むのもあり、子供が興味あるものを読んでもあり、毎日の積み重ねが積もれば、物知り博士ですね。

 

考える力・賢く・頭のいい子を育てる・知的好奇心・・・たくさん詰まった本をリビングに

もともとは、子供が眠る前の読み聞かせとして365シリーズがでていましたが、気づけばテーマが幅広くなっている~!

 

しかも、親に訴えかけるような

「考える力・賢く・頭のいい子を育てる・知的好奇心・心やさしく賢く」

という言葉がタイトル前についているし

 

「人体のふしぎな話」、「世界の名作・民話」、「自然の科学と発見」、「できるよ!生活」「心ときめくおどろきの宇宙探検」「世界をかえた人たち」など、テーマのジャンルがめちゃくちゃ幅広くなりました。

リビングに置いて、家族と一緒に楽しむと良いそうですね。

 

迷ったらまずはコレ!

どれも口コミや評判がよいのですが、中でもこれは評価がよさそうだったものはこちら。

 

眠る前の読み聞かせにおすすめ

 

リビングに置いて親子で楽しむ&自分で読書におすすめ

日本科学未来館が監修!

何度か子供たちと行ったことがありますが、二足歩行のアシモくんがいつ見てもすごい~。

 

実際の身の回りの不思議から、身近な疑問の「なぜ?」が子供たちにとって刺激になる本です。
ここがポイント!

  • 漢字にふりがながふってある。
  • オールカラーでイラストや図解、写真もいっぱい!
  • 1日1話、身近な科学の疑問を楽しく解説
    (「パンダのからだはどうして白と黒のもようなの?」
    「タマネギを切ると、どうしてなみだが出てくるの?」)

 

お祝いやプレゼントに最適

お値段も安いものではないので、出産祝い、入園・入学祝い、姪っ子や甥っ子、友人の子供たちへのプレゼントなどに最適!

私も何度か、お友達にプレゼントしたことがあります。

長く使える本ですので、読み聞かせ、読書にぜひおすすめです♪

親子の会話から語彙力がアップすると聞きますが、これはいいかも

現物は、ずっしり大きくて分厚い本なので、たっぷり楽しめます。