『市川さんのおうちスタイル』(別ブログやってます)>>

個人輸入代行を上手く利用しよう!海外から日本に直接発送してもらえない時や自信がない時に

ライフ

個人輸入にさぁチャレンジ!まずは日本に発送してくれるでしょうか?

アメリカのネットショップには、だいたい下の方や欄外にShipping Infoと書いてあるので、必ずチェックしてみてくださいね。

サイトのどこかに書いていなければ、海外への発送をしていないかもしれませんので、英語に自信があるか、勇気がある方は海外発送が可能かどうか問い合わせてみるとよいかと思います。

 

このShipping Infoに、世界中に発送可能や、ハワイ、アラスカ、カナダのみ可能など、詳細が書かれていますので翻訳してみるとわかります。

また、試しにショッピングカートに商品を入れて、発送先を選択するプルダウンメニューがあるかどうか、選択があれば、「Japan(日本)」があるかどうかやってみるとわかります。

 

しかし、欲しいものがあるのに日本へ発送してもらえないことがわかった場合、どうしましょう??

 

スポンサーリンク

個人輸入代行業者は強い味方!

個人輸入代行業者ってどんなことをしてくれるの?

日本へ発送をしてもらえない場合は、アメリカ国内の住所に一度送ってもらう!という方法があります。

日本人がアメリカに住所なんてないよ~!

ですよね・・・。

 

こういう時に、とっても便利なのが個人輸入代行業者。

アメリカ国内に個人輸入代行業者(日本人が経営)が存在しているので、一度、アメリカ国内のショップからアメリカ国内の輸入代行業者の住所へ発送し、そこから日本に送ってもらうという方法です。

 

個人輸入代行業者を利用するメリットとして、

  • 海外から自分で購入する自信がないので、欲しい商品を代わりに買ってほしい
  • クレジットカードを持っていないから代わりに買ってほしい
  • アメリカに住所がないのでアメリカのショップから個人輸入代行業者(アメリカ)に一度送って、日本へまとめて転送してほしい

と理由は様々です。

 

いくつかの店舗から購入して個人輸入代行業者のところに商品を集め、日本へ一度に発送してくれる、まとめ梱包可能なところが多いです。

国際配達は送料が結構ネックなので、バラバラに送られると高くなってしまうため、1度にまとめて発送してくれるのは有り難い~。

 

代行業者によっては、アメリカのショップへ行って指定の物を買ってきてほしいリクエストなどの要望を聞いてくれることもあり、サービスや利用方法がいくつかあります。

 

もちろん、大前提として自分が購入する商品や送料以外に手数料がかかりますので、思ったよりも高くなってしまったとならないように、事前に自分で見積もりを計算して比較してみるといいですね。

 

私の主な個人輸入のやり方は「転送サービス」

私の個人輸入のやり方としてまとめてみると、

こんな画像の流れです。

  1. 日本にいる私がアメリカのネットショップでお買い物&支払いをし、発送先の住所をアメリカ国内の代行業者にする
  2. 各ショップからアメリカ内の代行業者のところへ発送
  3. 個人輸入代行業者が荷物をまとめて保管し、集まったら梱包して日本へ発送
  4. 日本にいる私の手元にまとめて荷物が届く

 

購入を代行してもらっているわけではないので、「転送サービス」というものになります。

 

ちなみに、所在地が「オレゴン州」であることがポイント!

オレゴン州はアメリカの消費税がかからない州なんですね。(最新情報は確認してください。)

アメリカは州によって制度が全く違うので、大事なポイントです。

 

ちょっと買い物がしにくいなという時はオーダー代行

自分で海外のネットショップで買い物をし、支払いまで不安、ちょっとよくわからない、でも欲しいものがある!という時には、オーダー代行サービスというものがあります。

ちょっと手数料が高くなって割高ですが、代行業者がかわりにネットショップでお買い物をしてくれるので、安心で確実。

 

わたし
わたし

アメリカのホームセンター(ネットショップ)でクラフトパンチがセット販売されていて、欲しい物を見つけちゃった!

でも、アメリカ国内の人しか買えない・・・。

ということで、オーダー代行で依頼したことがありました。

 

個人輸入代行業者がたくさんあって迷う

アメリカ国内の個人輸入代行業者を探す

個人輸入代行業者に手数料を支払うため、お値段が高くなっちゃうんじゃないかなと思い、業者によっての条件を色々と調べました。

  • どれくらいの期間、保管してくれるか
  • 手数料はどのような基準で決まっているか
  • アメリカ国内での州税がかからないオレゴン州に拠点(州によっては、アメリカ国内の買い物でも州税がかかるところがあります。)
  • わからないことは日本語で相談できるか

などですね。

 

私が実際に依頼していた個人輸入代行業者の転送サービス

私が実際に利用させていただいていた個人輸入業者は、「ALICE HOUSE」と「はむはむ便」です。

 

ALICE HOUSE:http://www.alicehouse.com/

ハムハム便:https://www.hamhambin.net/

 

ご利用になる際には、よくHPをご覧になって、ご自身の判断でお願い致します。

 

自己責任のためにも自分で調べる力が必要

個人輸入代行業者によって手数料の違いやルールが結構違いますので、自分に合うところが見つかると更にお得になります。

 

私自身、一つも個人輸入代行業者を知らなかったので、ネットで探しましたが、実態があるのか、うさん臭くないのか、最初は心配・・・。

 

説明が丁寧なところ、手数料がきちんと表示されているところ、セール情報を教えてくれるところ、発送方法を郵便やクロネコヤマトが選択できるところ、などいくつも輸入代行業者を比較をして検討しました。

 

支払い方法も、クレジットカードや日本の銀行振り込み、為替レートのタイミングなど業者によって違います。

ネット社会は情報がたくさんありますが、特に仕組みやかかる費用、税金のこと、輸入規制品など、自己責任で行う必要があるので、調べるということにぜひ力を入れてみて下さい。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

ライフ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

子育て・家庭学習・中学受験のおすすめ情報や趣味のペーパークラフトなどの日常生活を書いています。

市川いずみをフォローする
もう一つのブログも書いています↓
発達障害の子育て体験談
発達障害の息子はADHD不注意型。中学受験&中高一貫校の生活は困難ばかり!日々、葛藤する母の子育てブログです。
市川いずみをフォローする
市川さんのちいさな部屋